小口径管推進機・簡易ウエルポイントポンプ開発製造販売/施工 
      ムール工法協会本部
本社 〒433-8113 静岡県浜松市中区小豆餅2-20-24
    TEL:053-438-2500   FAX:053-436-6511

       8:00〜17:00(土日祝休み)
      info@nihon-moule.com
施工実績 販売機種
トップページ取扱い機種簡易ウエルポイントポンプTOPページ
 取扱い機種 
取扱い機種一覧
簡易ウエルポンプ
ウエルポイント
カップ型ポイント
打込井戸ポイント
推進機
 鋼管オーガ方式
推進機
 圧密方式
簡易推進機
 たぬき堀不要型
簡易推進機
  圧密打撃式

 工事動画  
▼ウエルポイント工事 施工動画配信中

モーター駆動 100V  
35秒



エンジン駆動 45秒


エンジン駆動/モーター駆動
3分

 販売機種  
簡易ウエルポンプ関連▼
簡易ウエルポンプ
ウエルポイント
カップ型ポイント
ウエルポイント網
ライザーパイプ
吸水ホースセット 
打込井戸ポイント
簡易推進機▼
たぬき堀不要型
圧密打撃式
簡易ウエルポイントポンプ 
ムルポンV「MVPシリーズ」   
モーター駆動・エンジン駆動   patent JPN
特長 機能 使用用途 仕様詳細 特許技術とは 機械大きさ比較 動画・写真 ご購入方法 ¥価格
簡易ウエルポンプ 1台機能!大量の湧水に!ムルポンV 簡単設置簡単操作


ムルポンVは、土木建築工事などにおける地下の湧水対策(水替工)や地中に浸透した
有害物質の除去・地盤浄化
、また地震などによる
地盤液状化の対策などに大きな効果を発揮します。
大水量と小水量のいずれにおいても簡単でしかも
確実に地下水位を下げ、仮設備に費やされる時間短縮工事費用揚水開始時間大幅に軽減させる事ができます。
また必要な箇所のみ地下水位を下げる事が出来る為、近隣の水枯れの心配はありませんので安全な施工が可能。しかも小型なので狭い場所での施工に大活躍!
電気設備不要の
エンジン駆動式と昼夜連続運転可能なモーター駆動式(静音)の 全6機種ラインナップ。

ウエル工事を始めてされる方でも簡単に確実に作業ができます!
※官公庁推奨機種

ウエルポイント工法の特徴
1.地下水位の低下
2.土のせん断強度増加
3.地盤強度の増加
4.軟弱地盤改良の圧密促進効果
5.ドライワークによる土木工事(土留工事の簡素化・安全・工期短縮・工事費削減)
 現在、液状化対策(家屋沈下修正・耐圧版工法ジャッキアップ・曳家)の事前付帯工事
 地中汚染物の除去にも使用されております。

ウエルポイント打込みからウエル作業の流れ
  (メインバルブの開閉のみで簡単に切り替わります。)
1.準備


1.ホース類をセット

 φ25打込用 / φ40揚水用 / φ50排水用


 
打込みの際、受水タンク内の水が無くなる場合は、
 打込み作業からウエル作業に切り替え、揚水した水を
 補給受水タンクに補給します。

 
 
300〜500リットルで約3〜5本の打込みができます。
  (※現場土質により違います)

2.ライザー管打込み メインバルブ閉


作業員Aは、ライザー管打込み。
作業員Bは、エンジン操作とジェット水バルブの開閉。


エンジンをかけ、ジェット水バルブを開き、噴射水確認後打込みします。
力を入れなくてもスイスイと入っていきます。


※水噴射専用のウエルポイントです。必ず水噴射での打込みをしてください。



※上記説明は、エンジン駆動で記載しております。
 
3.ふかす(5〜15秒水を噴射した状態にする)


計画掘削床より0.4〜0.6m下まで打込み、その位置でふかします。


この作業をすることにより、ウエルポイントの周りに粗砂(砕石)が集まりストレーナーの状態になります。
目詰まりする事がなく、揚水量UP!



1回の打設でらくらく揚水!
ウエルポイントは、水噴射打設・揚水(ウエル)両方の役目をします。

4.ウエル機能で地下水揚水開始 メインバルブ開


同一深さに打込んだライザー管にφ19スプリングホースを接続し運転開始。


始めの一カ所目の吸水バルブを開け,2カ所、3カ所目バルブを開けていきます。


 ★微細粒砂土での施工時におけるワンポイント
     ※通常はこの様な施工は不要です。微細粒砂の場合参考にしてください。
1)微細粒砂土では砂利利用してポイント周りストレーナーをつくる
   
目詰まりを回避し揚水量を確保できます
 
 
■ムルポンV稼働状況(平成28年12月現在)
■稼働中
毎月多くのお問い合わせや資料請求を頂き誠にありがとうございます。
「小口径推進機/簡易ウエルポンプ/施工」に関するお問い合わせ・資料請求
TEL:053−438−2500  FAX:053−436−6511
▲戻る ▲ページトップヘ
当社の製品は、すべて特許取得済みです。製品の開発は斬新でオリジナリティを目指しております。
2000. 2014 Company nihon-moule, co,ltd. All rights reserved.